JR新幹線格安ツアーで行く熱海温泉旅行特集


JR新幹線の格安ツアー温泉旅行で熱海温泉を楽しもう。貫一お宮の小説は戦前ですが、熱海を有名にしました。その熱海は温泉でも有名で、多くの温泉客と観光客が常時熱海を訪れています。JR新幹線の格安ツアーの温泉旅行で熱海温泉を楽しむのはいとも簡単です。すなわちJR東海道新幹線のJR熱海駅まで行けばいいのです。ちなみに温泉地宿泊施設数および宿泊客数では、この温泉は日本三大湯のひとつとされています。

JR新幹線の格安ツアーの温泉旅行で行く熱海温泉について。この温泉の泉質はナトリウム・カルシウム―塩化物・硫酸塩で、いわゆる低張性・弱アルカリ性・高温泉です。毎分湧出量は18,000リットルと豊富で、源泉数500本以上と多く、湧出温度は98.2度です。ちなみに海岸沿いには塩化物泉が、山沿いには硫酸塩泉の源泉がそれぞれ多いという面白い傾向があります。以前は大半の源泉が硫酸塩泉でしたが、海沿いの源泉はボーリングによる源泉開発で海水が混入したため泉質が変わったようです。

JR新幹線の格安ツアー温泉旅行で行く熱海温泉街は賑やか。熱海と聞いただけで目の前に賑やかな宴会風景が浮かぶ人もいるでしょう。これは団体ツアーでの宿泊が多いからで、一人旅で熱海を訪れるという人は少数派のようです。熱海と名がつく場所のすべてが独特の雰囲気を持っているようで、海沿いには大小の旅館やホテルが立ち並び、一部は山腹に立地しています。温泉街は駅近辺から海岸沿いで、国道沿いに尾崎紅葉の「金色夜叉」の貫一お宮の像があるのはとても有名です。

熱海七湯と外来入浴ができる公衆浴場がある。かつては共同浴場が8軒ほどありましたが、営業を取りやめていて、代わりに今はホテルや旅館で外来入浴が可能な公衆浴場があります。なお、温泉街には熱海七湯と呼ばれる源泉がありますが、源泉の湯はホテルや旅館等で使用されており、残念なことに源泉を使う共同浴場などは今はありません。ちなみに熱海七湯は、大湯や野中の湯、佐治郎の湯など7箇所の温泉の総称です。

熱海温泉の大湯間歇泉について。熱海七湯で代表的な源泉が大湯(大湯間歇泉)で、以前は世界の三大間欠泉とまで言われましたが、今では人工の間欠泉になっています。昔は自噴していましたが、明治時代中期に自噴が止まり、関東大震災の際に再び自噴しましたが、昭和初期にまた自噴が止まっています。そこで1962年(昭和37年)に、人工の間欠泉として整備されたという経緯があります。

温泉宿・ホテル・温泉旅行ツアー紹介はこちら


  • 温泉宿・ホテル・温泉旅行ツアーはこちらへ
  • 日本旅行 日本旅行おすすめ国内旅行格安ツアープラン

    日本旅行の格安旅行ツアープランをご紹介します

    日本旅行では北海道から沖縄まで全国の旅行ツアーを取り扱っています。3日前まで格安ツアープランにネット予約が出来るので、直前でもお得に旅行が楽しめます。ビジネス出張から家族旅行や学生旅行、おひとりさまツアーなど、目的に合わせた激安料金の旅行ツアープランを予約が出来ます。

    目的地別国内旅行格安ツアー情報
    テーマ別国内旅行格安ツアー

    JTB JTBおすすめ国内ツアープラン

    JTBのJR新幹線格安ツアーは4日前まで予約できます

    JTBはディズニーツアーやUSJツアーなど人気のテーマパークツアーが充実しています!家族旅行や学生旅行でも楽しめて、格安料金でお得に予約することが出来ます。お正月や年末年始、三が日やGW、夏のお盆休みでも格安ツアーを豊富に取り揃えているので、激安料金で予約できます!

    目的地別国内旅行情報
    テーマ別

    提携旅行会社

    JTB

    じゃらんパック

    いい旅、あたらしい旅。JALパック 国内ツアー