格安国内ツアーで行く世界遺産の熊野旅行特集


格安ツアーで「熊野古道」を訪れる国内旅行について。熊野と言えば、世界遺産となっている「熊野古道」があることで知られています。「熊野古道」は、長い歴史を歩んできた観光スポットでもあります。国内旅行の格安ツアーに参加して現地を訪れば、清らかな気持ちに浸ることができます。

世界遺産への登録などに関する情報。格安ツアーに参加して国内旅行でアクセスできるこちらの古道は、「熊野三山」へと通じる参拝道で、三重県・奈良県・和歌山県・大阪府にまたがっています。2000年に、この古道の多くは「熊野参拝道」として国の史跡となりました。その後、2004年には、「紀伊産地の霊場と参拝道」の一部として、ユネスコ世界遺産に登録されました。この古道には、紀伊半島が国内でも有数の降雨量の多い地域であるがゆえに、石畳が敷かれました。現在でも、舗装に用いられた石畳が残っています。また、この古道の全てが、世界遺産に登録された訳ではないことも、重要なポイントです。「熊野三山」の参拝は、時代によって盛衰があるため、正確なルートが分からない区間があるほか、歴史的な変遷から生じた別のルートもあると考えられています。

「道」が世界遺産に登録されるケースは2例だけ。「熊野古道」は、「文化遺産」の「遺跡および文化的景観」というカテゴリーで世界遺産に登録されています。このように、「道」が世界遺産になるケースは、他にスペイン・フランスにまたがる「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」が1例あるだけです。

古道の全てが世界遺産になっている訳ではない。先ほども述べたように、この古道の真の全体像は、解明されていないのが実情です。そういった状況の中で、世界遺産に登録されているのは、全長600kmを超えると言われるルートの内、200kmあまりです。ルートが解明されていないことなどのほか、所有権者が登録に同意しなかったり、登録の要件を満たさなかったりしたことなどにより、登録されなかった道があります。例えば、アスファルトやコンクリートで舗装された道は、かつて古道であった場所でも、世界遺産の登録要件を満たしません。

周辺の歴史についても学んでみよう。熊野の周辺は、「日本書紀」にも登場する自然崇拝のスポットが数多く存在するエリアです。元来、自然崇拝の地を守り、自分の身を律する「修験」の場だったものが「参拝」の場へと変わり、今日では、熊野の参拝道は人気の高い観光スポットとなっています。

JR新幹線格安ツアーで行く世界遺産旅行ツアーを予約はこちら


  • JR新幹線格安ツアーで行く世界遺産旅行ツアーのネット予約はこちらへ
  • 日本旅行 日本旅行おすすめ国内旅行格安ツアープラン

    日本旅行の格安旅行ツアープランをご紹介します

    日本旅行では北海道から沖縄まで全国の旅行ツアーを取り扱っています。3日前まで格安ツアープランにネット予約が出来るので、直前でもお得に旅行が楽しめます。ビジネス出張から家族旅行や学生旅行、おひとりさまツアーなど、目的に合わせた激安料金の旅行ツアープランを予約が出来ます。

    目的地別国内旅行格安ツアー情報
    テーマ別国内旅行格安ツアー

    JTB JTBおすすめ国内ツアープラン

    JTBのJR新幹線格安ツアーは4日前まで予約できます

    JTBはディズニーツアーやUSJツアーなど人気のテーマパークツアーが充実しています!家族旅行や学生旅行でも楽しめて、格安料金でお得に予約することが出来ます。お正月や年末年始、三が日やGW、夏のお盆休みでも格安ツアーを豊富に取り揃えているので、激安料金で予約できます!

    目的地別国内旅行情報
    テーマ別

    提携旅行会社

    JTB

    じゃらんパック

    いい旅、あたらしい旅。JALパック 国内ツアー